最終話は原画を描いてます
『オーバーロード』監督 伊藤尚往(最終回)

第1回、第2回に引き続き、伊藤尚往監督に『オーバーロード』の制作法について伺う最終回。制作上のポイントと、主人公のアインズの魅力についてお話を伺った。 Profile 伊藤尚往 Naoyuki Ito 竜の子アニメ技術研究所に入社。その後東映アニメーションへ。原画マンとして活躍し、後に演出家として『 […]

続きを読む

アインズ様は1カットで敵を倒すんです
『オーバーロード』監督 伊藤尚往(第2回)

第1回に引き続き、伊藤尚往監督に『オーバーロード』の制作法について伺う第2回。今回は脚本、演出、音響といった、より具体的な制作のポイントについてお話いただいた。 Profile 伊藤尚往 Naoyuki Ito 竜の子アニメ技術研究所に入社。その後東映アニメーションへ。原画マンとして活躍し、後に演出 […]

続きを読む

日野さんの演技のおかげで、骸骨でも表情があるように見えるんです
『オーバーロード』監督 伊藤尚往(第1回)

今期のアニメ群の中でも、話題急上昇中の作品といえば『オーバーロード』だろう。web小説として連載され書籍化された原作の部数は、アニメ放映後60万部から150万部へと増加。いかにアニメ化で人気に火が付いたか窺えるというものだ。ネット上などで「俺TUEEEE」と呼ばれる系譜に見られることが多い本作だが、 […]

続きを読む

本当にやりたいことだけをやった作品
『デンキ街の本屋さん』監督 佐藤まさふみ(最終回)

第1回、第2回と続いた、『デンキ街の本屋さん』のメイキング取材も最終回。7年ぶりの監督作品である本作の手応えを伺った。 Profile 佐藤まさふみ Masafumi Sato 監督・演出・アニメーター。『Saint October』(監督)、『ジュエルペット きら☆デコッ!』(助監督)の他、『ケロ […]

続きを読む

飛ばさずに観てもらえるようなエンディングを
『デンキ街の本屋さん』監督 佐藤まさふみ(第2回)

第1回に続き、『デンキ街の本屋さん』のメイキングを訊く第2回。印象的だったオープニングとエンディングについて、詳しくお話を伺った。 Profile 佐藤まさふみ Masafumi Sato 監督・演出・アニメーター。『Saint October』(監督)、『ジュエルペット きら☆デコッ!』(助監督) […]

続きを読む

朝ドラのような絵作りで
『デンキ街の本屋さん』監督 佐藤まさふみ(第1回)

水あさとの同名漫画を映像化し、2014年10月から12月にかけて放映された『デンキ街の本屋さん』。シンエイ動画が深夜アニメを手がけたことで話題になった本作は、どのようにして作られていったのか。放映終了から半年あまりたった今、佐藤まさふみ監督にお話を伺った。なお、本取材には、ポニーキャニオンの堀切伸二 […]

続きを読む

ポリゴン・ピクチュアズの強みは組織とシステム
『シドニアの騎士』造形監督 片塰満則、各話ストーリーボード 森田宏幸(最終回)

第1回、第2回、第3回、第4回と続いた本記事も、いよいよ最終回。様々な現場で仕事をされてきたお2人に、ポリゴン・ピクチュアズならではの作り方、制作の強みをお聞きした。 Profile 片塰満則 Mitsunori Kataama CGクリエイター。『ハウルの動く城』『ゲド戦記』(デジタル作画監督)、 […]

続きを読む

ドラマも遊び心も楽しんで欲しい
『食戟のソーマ』アニメーションプロデューサー 藤代敦士(最終回)

第1回、第2回に引き続き、アニメーションプロデューサーの藤代敦士さんに『食戟のソーマ』の魅力を伺う最終回。本作らしい「遊び心」とはどういうものなのか? これまでのドラマの山場を振り返りながらお話いただいた。 Profile 藤代敦士 Atsushi Fujishiro J.C.STAFF プロデュー […]

続きを読む

料理の魅力は、あえて作画で表現する
『食戟のソーマ』アニメーションプロデューサー 藤代敦士(第2回)

第1回に引き続き、アニメーションプロデューサーの藤代敦士さんに『食戟のソーマ』の魅力を伺う第2回。作品の肝である料理シーンについてや、映像としての情報量を上げるための工夫などについてお話いただいた。 Profile 藤代敦士 Atsushi Fujishiro J.C.STAFF プロデューサー。『 […]

続きを読む

原作が好きだから、その魅力も難しさも理解できた
『食戟のソーマ』アニメーションプロデューサー 藤代敦士(第1回)

週刊少年ジャンプに連載されている料理バトル漫画を原作とする『食戟のソーマ』。熱い王道的な展開と、個性的なライバルキャラクター達の一挙手一投足が楽しい作品となっている。米たにヨシトモ監督をはじめとするスタッフ陣のこだわりが、どういったところに反映されているのか。本作制作の過程を伺った。 Profile […]

続きを読む